カジノを築地に誘致する話もある

世界各国でも相次いでカジノを解禁する国が出てきているように日本国内でも積極的な解禁化に向けての議論が進んでいます。候補地として名前があがっている地域は全国各地に点在していますが、東京都の築地にも誘致の案がでています。理由としては市場が移転になり広大な敷地が残るのでその土地を活用するためです。遊技場を立地させるだけの土地は都内でもそう多くはないので、現実的な議論が交わされており誘致がもし現実的になった場合には出資する海外企業が名乗りをあげているほどです。もちろん都民全員が賛成しているわけではなく、中には反対をしていたり遊技場の解禁そのものを否定している人もいます。国内ではまだまだカジノが解禁になるかどうかはわかりませんが、近い将来国会の場でも本格的な審議に入ることが予測されています。

築地は外国人にもそれなりの知名度があるので、この地域にカジノを立地させることは大きな意味があります。都内の中でもアクセスが良好で空港からも電車で行けるので、海外から来た観光客が遊ぶのにもふさわしい立地条件です。都内の新たな観光名所として機能すれば東京都内だけではなく、日本国内各地に観光に来てくれる人が増えるので国益にも少なからず貢献します。日本は少子高齢化社会となりお金の流れが滞ることが予想されているので、遊技場を解禁して多くの国や地域の人々に来てもらうことで経済を活性化させる働きがあります。東京都は築地へのカジノ誘致にもかなり積極的になっており、具体的な構想やリゾート化の計画など様々な事を検討しあっている状態です。実現すれば国内有数の遊技場になることは間違いありません。

カジノは一般のお客さんだけでなく、世界中からプレイヤーが集まるので築地にカジノができればハイローラーの招待も頻繁に行われることになります。一日に数億円のお金を賭けるハイローラーが来ることで遊技場の収益もかなり上がり、築地周辺の経済はもちろんのこと東京都の税収にとってもプラスのメリットがあります。お金を持ったプレイヤーを如何にして集めるのかが課題になるので、どの遊技場でもホスピタリティにあふれ英語を話すことができるディーラーが求められることになります。カジノが築地にあることで大きなお金の流れを生み出すことにもつながるので、政府でも東京を始めとした各地域に誘致する事を検討しています。カジノができるとその周辺にホテルや商業施設も多く建つようになるので多くの雇用が生まれます。