日本でのカジノのツアーの特徴

日本でカジノのツアーになる傾向のところは大半がアジア圏です。中でも韓国は二時間でたどり着けるのでツアーとして多い傾向です。カジノは日本語を対応しているところが殆どです。ディーラー自身が日本語で話すこともあるので言葉の面で敷居が低いのが特徴です。よってガイドがいなくても楽しめるようになっています。また他所と違い換金が良心的です。施設とホテルが併設されているため外に出る必要がありません。また世界最大であるマカオものツアーによくあります。マカオ自体は言葉の壁が高いです。しかしカジノの地域は多国籍地帯で英語ができればなんとかなってしまう傾向です。格安で組んでいるタイプが数多くあるのも特徴です。ただし旅行会社によって格安の差があるのでよく調べることが重要なポイントになります。

規模としてはマカオに負けてしまったもののそれでもトップクラスの施設がラスベガスです。ラスベガスの場合初心者向けとして日本語ガイドがレクチャーするツアーが存在するのが特徴です。レクチャーの内容にはムラがあるものの少人数ならばかなり丁寧にレクチャーを受けられる傾向です。ギャンブルになれた人のレクチャーとなります。そのため場合によってはギャンブルやホテルなどについてのコアなところまでレクチャーをしてくれる可能性もあります。よって初心者であってもゲームを楽しむことができるのが最大の特徴です。またマナーについてもレクチャーがあるのもポイントです。大体がシミュレーション的にレクチャーするので実戦に近い感じです。最低人数が二人以上だったりするので新婚旅行として利用することもできます。

カジノのツアーは国際空港経由で行くことになります。国際空港があったとしても旅行会社によっては組み込まれない空港もあります。逆に目的地を限定しているケースもあるので注意が必要です。行き先は世界の大半を占めるマカオやラスベガスは組み込まれることが多いとされます。マカオは格安の点でよく出ている傾向です。アジア圏はマカオをメインとして基本的に組み込まれるケースが多く存在します。一方欧州は皆無に近いのが特徴で個人でプランを決めるパターンが殆どです。またマナーも近年緩くなったとは言うものの厳格な傾向なので相当慣れていないと楽しむことが難しい点があります。世界的に共通なのがパスポートを掲示することで必須のレベルです。これがないと見た目がどう見ても大人であっても施設に入ることすらできないケースがあるので注意するポイントです。

本当のカジノ好きにはなかなか海外まで行ってカジノをするのって時間もお金もかかりますよね。もっと手軽にカジノを楽しみたいのであればオンラインカジノがいいかもしれません。2018年版オンラインカジノランキングはこちらを読んでいたければと思います。