カジノの弦交換のタイミング

遊技場と同じ名前を持っているギターとして有名なのがエピフォンのカジノです。このギターはアコースティックな音をならすことができながらも、アンプに繋げばエレキギターとしても使えるので、バンドから演奏家までそれぞれに好かれている名作です。カジノのバックミュージックでも使われることが多い楽器ですが、弦楽器なので必ず弦交換をする必要があります。そのタイミングは人によって基準が違いますが澄んだ音が鳴らなくなったり、弦全体が錆びついてきた時には交換が必要になります。交換方法は実にシンプルで初心者でも行うことが出来ますが、交換するときの弦はできるだけ上質なものを使うのが良いでしょう。上質な弦というのはかなり長持ちするので、ハードな演奏をしても手入れ次第では長期運用が可能です。

カジノの弦交換は古い弦を取り除く作業から始まります。古い弦は切ってしまうのも良いですが、緊急時のスペアとしてとっておきたい方は緩めて外す方法で交換するのが一番です。細い弦は外すときに乱暴な扱い方をすると手を切ってしまうこともあるので、なるべく慎重に緩めていき、出来ることならば手袋を使って外すことにしましょう。外し終わったら新しい弦を張ることになりますが、この時の通し方は外す時と逆の手順を使うことでうまく作業が完了します。外した弦の保管方法はそのままとっておく場合には新しい弦が入っていたケースに、切ってしまった場合には再利用が不可能ですから、住んでいる自治体の分別方法に合わせて処分するのが良いでしょう。弦交換は交換の際に出てしまったゴミをしっかりと処理することが大事です。

弦交換をしてカジノのギターに弦を張ることができれば終了というわけではありません。必ずチューニングが必要になります。ギターはチューニングがピッタリと合っていなければ美しい音色をならすことは出来ず、音程が狂ってしまいます。チューナーを持っている場合には一本ずつチューニングをして正しい音がなるようにチューニングしていきましょう。音叉を使ってチューニングをする場合にはその都度音叉の音をならすようにして、弦ごとの調整を正確に行うことが大事です。音感のある方ならば音叉でも問題はありませんが、自分の音感に自信がない方は躊躇することなくチューナーを使いましょう。本場のカジノでも使われることが多いカジノのギターは、定期的な弦交換をすることで長く愛用し続けることが出来る楽器です。