カジノの綴りと由来について

Casinoという言葉の由来とは
カジノというとカードをはじめスロットやダイスといったゲームを楽しむ施設です。そしてその施設では賭けを前提とする遊戯施設です。またそこでお客が投じた賭け金を用いて施設を運用しています。現在の好みのゲームを行いながら賭けを行う賭場ということです。これはリアルなCasinoもあれば最近増えているオンライン形式のネットカジノもあります。Casinoとは語源がイタリアです。これはCasa(カーサと読む)という綴りの小さい家を示す言葉が由来です。もともとこのカーサは貴族が持っていた別荘のことで、彼らは保養地にあるこれらのカーサでお客様を招いてパーティーを開いていました。その時の余興がカードゲームなどの遊びだったと言われています。そしてこれらの余興が16世紀になるとヨーロッパ各地に伝わるようになりました。その後このCasinoも貴族の様な特権階級向けの施設と一般の市民でも楽しめる施設に分かれていくようになりました。現在でもドレスコートがあるのは、そのような歴史があるからです。

Casinoの綴りはCasaから由来している
CasinoとはCasaの語尾に-inoがついた言葉です。カジノとか地域や国によってはカッシーノ(カシノ)というように発音しています。16世紀にヨーロッパ諸国に広まりましたが、元々は貴族の社交場で楽しまれていたゲームということもあり、ヨーロッパ諸国にはいまだにドレスコートが厳しく、中には会員制というところもあります。格式が高いイメージがあるのがヨーロッパのCasinoです。一方で米国のラスベガスなどは観光的なCasinoであり、カジュアルは雰囲気でもプレイに参加できる観光目的の施設が多くあります。ヨーロッパは特権階級向けサロンとすると米国は一般市民向けの娯楽施設という表現が合っています。近年はアジア圏でもCasinoを公営で運営するケースが増えており、外貨獲得や観光資源のひとつとして経済活動を行っています。日本でも外国人観光客のためや失業率増加を防止するためにCasinoの合法化が検討されています。

Casaという名前の付くカジノもある
CasinoがCasaから来たという意味がよくわかる施設があります。アジアのマカオには「カーサレアルホテル&カジノ」という4つ星ホテルがあります。超大型という訳ではありませんが、ホテルの中にはビジネスセンターや会議場、商業施設もあります。カジノテーブルとしては80台程度なので中規模のCasinoです。このようにCasinoに関係した施設があるホテルなどはCasaという名前がついていることがあります。実際の建物はとても小さい家ではありませんが、そのネーミングの意味がよくわかる事例です。このホテルを少し説明しておくと、観光目的で利用するなら街中心から少し離れているので不便ですが、香港からは高速船が到着するターミナルが近いので使い勝手という意味では便利なカジノホテルです。ツアー客が多いイメージですが、落ち着いた雰囲気でプレイができるという口コミも多く、穴場スポットとして何度もリピートする方もいるホテルです。